あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

大人の付き合いには、日頃の感謝を伝えるための季節の挨拶が欠かせません。中でもお歳暮は一年の締めくくりという事で特に重要視されますが、お歳暮のマナーについてはよくわからない、という人が多いのではないでしょうか。今回はそんな方の為に、知っておきたいお歳暮のマナーと喜ばれるお歳暮ギフトについて紹介します。

1.お歳暮ってなに?

・お歳暮の始まりと今


お歳暮の由来は、正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物から来ています。昔はそのお供え物を風呂敷に包み、分家した人や嫁いだ人が本家に12月31日に渡しに行っていました。

このようにお歳暮の贈り先は本家や親元だけでしたが、明治三十年ごろから次第にお世話になっている人、お得意様などに日頃の感謝を込めて贈るようになっていきました。渡し方も当時は直接訪問して目の前で風呂敷を開けて渡す、というのが普通でしたが今では宅配で送るというのが一般的になっています。これが今のお歳暮です。

簡単にまとめると、お歳暮というのは年末に両親や友人など、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈る物という事です。

・お歳暮の時期はいつ?

夏の暑い時期に贈るお中元と違ってお歳暮は基本的に冬、お正月の前までに贈ります。実際の期間としては「正月事始め」の日である12月13日から、年越しの準備が本格的に忙しくなる12月20日まで、というのが伝統的です。

しかし、現在は12月13日は「すす払い(大掃除)」をするという伝統が廃れてきたり、デパートなどで早くからお歳暮ギフトが店頭に並んでいたりするのが原因となり、お歳暮を贈る時期はだんだん前倒しになってきています。今では11月下旬に用意を始めそのまま贈る、という人が増えてきているそうです。

お歳暮を贈る時期は、実は東日本と西日本でも異なります。これは旧暦を基準にしているか新暦を基準にしているかの違いで、東日本では11月下旬~12月20日前後、西日本では12月13日~20日前後、となっています。贈る時期は相手の地域に合わせる事がマナーになります。上司や目上の方など、礼儀正しくお歳暮を贈りたい場合には相手の地域について調べるた方が良いでしょう。

・お歳暮を渡すのは誰が一般的?

お歳暮は「お世話になった人」に感謝の気持ちを込めて渡すものです。親戚、会社の上司、取引先、仲人などに渡すのが普通ですが、近年は習い事の先生に渡す人も少なくないようです。

取引先も一般的に多いですが、注意すべき事は贈答禁止の会社があるという事です。接待や賄賂と誤解されないようにしたい、会社の負担を削減したいというのが主な理由になりやすいので、相手の会社が贈答禁止の場合は絶対に贈らないようにしましょう。また、学校の先生などの公務員の方は金品の受け取り禁止規定があり、受け取る事ができません。お歳暮を渡そうと思った時に相手に贈っていいのか悪いのかはしっかりと判断しましょう。

もし贈りたい相手が喪中だったとしても、お歳暮はお祝いではない為贈る事に問題はありません。しかし、紅白の水引は慶事の時に使われるものなので避け、無地の奉書紙か無地の短冊に「お歳暮」と書いて贈りましょう。

2.知っておきたいお歳暮のマナー

①お歳暮の贈り方

お歳暮を贈る際には、のし紙という紅白の花結びに熨斗がデザインされた紙で贈り物を包んで贈ります。印字されている事も多いですが、水引中央結び目の上に「お歳暮」と書き、名前を水引中央結び目の下にフルネームで書きます。この時、名前は献辞よりも小さめに書く事を心がけましょう。

②お歳暮のやめ時

お歳暮は大抵、一回きりではなく習慣として贈ります。しかし、関係が疎遠になってしまうと、「いつまで贈れば良いんだろう」となってしまうことも多々あります。そのようなお付き合いをしながら贈り続ける事は「虚礼」になってしまい、返って失礼になってしまいますので、そのような場合は贈る事をきっぱりとやめるようにしましょう。

止め時は仲人であれば3年が一般的で、他は上司であれば異動、退職などで関係性が変わる時、友人や親戚であれば経済的に困難だと感じた時、疎遠になった時などが挙げられます。。

③お歳暮のやめ方

お歳暮をやめたい時は、一度できっぱり贈るのをやめても良いです。

しかし、それに抵抗がある場合は段階を踏んでやめていく、という方法もあります。大抵の場合お歳暮は夏のお中元とセットで贈りますが、お歳暮をやめる時はまずお中元を先にやめ、翌年にお歳暮もやめるようにしましょう。お歳暮はやめても年賀状などで季節の挨拶をすれば、きちんとした人だという印象は変わらず、失礼に思われることはありません。

自分から贈る方はこのようにしてやめますが、相手からは変わらずお歳暮が贈られてくるかもしれません。それを断る場合は、お礼状等に贈答のやり取りをやめる事に対するお詫び、その理由などを書き、伝えれば良いでしょう。

④お歳暮のお返し、お礼状

相手方からお歳暮が贈られてきたとき、本来お返しをする必要はないですが、お礼の気持ちを伝える事は忘れてはいけません。そこで重要になるのがお礼状です。お歳暮のお礼状にはお礼の気持ち、家族も喜んでいる事、これからもお付き合いしていきたいという事を書き、最後に相手の健康を気遣う言葉を入れましょう。

どうしても何かお返しをしたい場合は、お歳暮を頂いてから少し間を空け「御年賀」として年が明けてから1月7日の松の内を迎えるまでに贈るか、その期間を過ぎたら「寒中見舞い」として贈るのがおすすめです。これはお歳暮を贈るのを忘れていた、時期が過ぎてしまったといった場合も同様です。

⑤贈らない方が良いお歳暮

お歳暮というより贈り物全般における事ではありますが、贈ってはいけないものがあります。「踏みつける」という意味の靴や靴下、不吉な花言葉を持つ花、「4」や「9」に関係があるものなど、ネガティブな意味を持つものは贈らないようにしましょう。

また目上の人であれば、便利で手軽な商品券や金券も避けた方が良いです。金額がもろに分かってしまう事と、相手の事を考えて商品を選ぶ、という気遣いが感じられない事あり、避けた方が良い理由です。

最後に相手の家族構成や嗜好などを考慮する事も大切です。ビールや珈琲などは好き嫌いが分かれるし、子供がいないご家庭であれば多すぎる量贈っても困ってしまいます。贈り物を贈るときには相手の事情に沿ったものを選びましょう。

3.喜ばれるお歳暮の選び方

・どれくらいの価格のものを選ぶべき?

お歳暮は毎年贈るものなので、あまりに高額すぎるものを選ぶと自分の首を絞めてしまいますし、相手にも気を遣わせてしまいます。しかし、安っぽすぎるものを選ぶと感謝の気持ちが伝わりにくく、失礼にもあたります。

目安としては、3,000円~5,000円が一般的です。その中でも例えば気心の知れた友人、自分の経済状況をよく知っている親戚などには3,000円、お得意先や上司には5,000円程度、という風に立場や関係性に応じて値段帯を変えたほうがいいでしょう。

・選ぶポイントと具体例

①たくさんあっても困らない!缶ビールと缶ジュースのセット

親戚と久しぶりに会えるお正月、親戚で集まって宴会を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。そんな時においしいお酒はいくらあっても嬉しいですし、たくさん用意しておきたいもの。そのような状況イメージして、お歳暮にお酒を贈る人も少なくありません。

中でもこのバラエティセットにはお酒だけじゃなく、ジュースなど子供も楽しめるものが入っています。同じビールセットでも、子供にも飲めるものが一つ入っていると家族全体への気遣いを感じられて喜ばれます。

②日持ちするもの 定番のハムとソーセージ

年の瀬にお歳暮が一気に贈られてくると、量が多すぎて食べることができず困らせてしまうかもしれません。できるだけ、賞味期限が長く日持ちするものを選びましょう。

ハム、ソーセージはお歳暮の定番品として昔から贈られてきました。それは賞味期限が長く、一般家庭で使いやすいというのも理由にあたります。調理もしやすく、子供からお年寄りまで大好きなハムとソーセージは、先ほど紹介したビールのおつまみにも合いますし、とても万能な贈り物です。

③家族みんなに喜ばれる物 和洋菓子

親戚一同が集まって、家でゆっくり過ごすお正月。テーブルの上に自由に摘まめるお菓子があると子供ももちろん、大人だって喜びます。今回紹介する季節のギフトセットは、定番の焼き菓子から創作和菓子まで入っているお得なセットです。種類がたくさんあると飽きないですし、選ぶのにもわくわくしちゃいますね。

4.まとめ

いかがだったでしょうか。お歳暮のマナーについて知りたかった事がこの記事を読んで解決できたなら幸いです。マナーや伝統が薄れつつある季節の挨拶ですが、そんな状況だからこそマナーをしっかりと守った贈り物を選んで、お互いに気持ちのいいお歳暮にできたらいいですね。