あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

友達が新しくお店を作る時、上司が新事業を始める時、新しい門出を祝って応援してあげたいですよね。でも人生の中で知人の開店祝いに立ち会った事がなく、どのようにお祝いを贈れば良いか分からない、という人も少なくありません。そこで、今回は開店祝いに定番のお花をどのように選び贈れば良いか、どんなものが喜ばれるのかなどをご紹介します。

開店祝いのマナー

・送る時期

花持ちが良いものなら開店の一週間前から前日まで、あまり持たない生花であれば当日の朝に届くように送れば良いでしょう。また、開店記念のパーティーに出席する事が決まっているのならばその時に持参するのでも構いません。

・気を付けた方が良い事

お店に十分な広さがあるかどうかは先に確認しておいた方が良い事です。胡蝶蘭やスタンド花は思った以上に大きく、場所を取ります。そのような物がいくつも贈られてくると、置き場がなくて困ってしまうので必ず事前に見に行くか、直接聞いてみましょう。

開店祝いの花の贈り物にはサプライズ性は特に求められていません。場所の事もそうですが、贈る日時なども事前に連絡をして確認しておきましょう。

・相場はどれくらい?

取引先の方が新事業を始めた時は、失礼に当たる事がないように10,000円から50,000円ほど、身内の場合も10,000円から50,000円ほど、気心の知れた友人の場合は少し抑え目に5,000円から10,000円ほど値段をかけるのが一般的だそうです。

お花は値段によって数や大きさが変わる事があるので、他と比べて見劣りしない程度の値段は出しましょう

・NGな贈り物

情熱の色として人気がありそうな赤ですが、開店祝いの時に贈るのはNGです。何故なら、新しいお店が絶対に避けたい「火事」や「赤字」を連想させてしまい、縁起が悪いからです。

相手が赤が好きで赤がお店のイメージカラー、なんて場合は喜ばれるかもしれませんが、そういう事でもない限り避けておいた方が良いでしょう。

・お花には立て札を添えて

開店祝いでは多くの人が鉢植えのお花やスタンド花を贈ります。誰から貰ったものか分からなくならないように、自分の名前と「祝 御開店」という字を書いた立て札を立てて贈るのがマナーです。

それとは別に、手書きのメッセージを添えて贈るのも気持ちが伝わって喜ばれます。その場合は「倒れる・枯れる・壊れる・傾く・飛ぶ」などの忌み言葉を絶対に使用せずに、シンプルにお祝いの気持ちや応援の気持ちを書いて贈りましょう。

開店祝いに花の贈り物が多いのは何故?

花が開店祝いの定番である理由は宣伝効果があり、人々にお店を周知してもらいやすくなるからです。花が並んでいるとお店が賑わって見えて人目を引きますし、「新しく出来たところなのかな」と思われ人が興味を持って訪れてきてくれます。

その為、贈り物の花はボリュームがあって華やかなものを選ぶと良いでしょう。

選び方と喜ばれるオシャレな花10選

①胡蝶蘭

豪華で華やかに見える胡蝶蘭は、お祝いに贈る花の定番中の定番です。「幸福が飛んでくる」という新しい門出にピッタリな意味だけでなく、鉢植えにすると更に「地域に根付く」という良い意味を持つので、開店祝いには相応しい縁起の良い贈り物になります。

胡蝶蘭は基本一か月以上は綺麗な姿を保つ花持ちの良い花でもあるので、それだけ店の宣伝効果も長く続きます。三本立て、五本立てなど値段に合わせて大きさを選ぶ事ができますが、予算が少ないと他と比べて見劣りする為、10,000円から50,000円ほどのものを買うのがおすすめです。

②観葉植物

贈った後もお店のインテリアとして活躍してくれるのが観葉植物です。その為お店の雰囲気に合うか、店長の好みと合っているかなどが重要になるので、仲の良い友人など趣味嗜好をよく把握している人に贈るのが良いでしょう。

観葉植物も胡蝶蘭と同じく良い意味を持っている事が多いです。ここで紹介するパキラは風水効果抜群。リラックス効果とやる気を与えてくれる、仕事運アップ、財力を高めるなど新しい門出を祝福し、応援する為にぴったりの贈り物です。

③スタンド花

お祝い事に用いられやすいスタンド花は、とにかく見た目にインパクトがあり人目を引きます。明るい色の花がボリューム良く盛られたスタンド花は、あるだけで見る人の気分を良くしてくれるのではないでしょうか。

スタンド花には一段タイプと二段タイプがあり、どちらにするかを選ぶ事ができます。バルーンフラワースタンド花というお花の中に風船が混ざったものもあり、賑やかなもの、派手なものが好きな人にはそちらを贈ってあげましょう。

花持ちはあまり良くなく1日~3日前後しか楽しめませんが、後処理をお花屋さんがしてくれるところが多い、というところもポイントが高いです。

④フラワーアレンジメント

作り手のアイディアが溢れるフラワーアレンジメントは、種類が豊富にあり、より個人の好みや要望に沿う事ができます。その可愛らしい見た目に癒される人も少なくない事でしょう。

華やかな生花はどこに贈っても喜ばれそうですが、花粉が飛んだり匂いが強かったりすると飲食店、クリニック、介護施設などではNGです。知人が開店するお店の種類に合わせて、贈る花も考える必要があります。

⑤ブーケ

ブーケの良さは、その手軽さにあります。当日に手で持っていくことが可能で、置き場所にも困らず、花が悪くなった後の処理にも困らない、というところが好まれている理由です。

「折角のお祝いなんだからもっと大きいものを」という人もいるかもしれませんが、お店の広さから大きな花が置けそうになければ、小さくて可愛らしいブーケの贈り物の方が喜ばれます。ブーケも種類が多く、望んだ花を花束にしてくれるところが多いです。相手の好みをリサーチして相手に合ったものを贈りましょう。

⑥プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは水をやらなくても枯れる事なく、生花と変わらない美しさを保つお花です。高温多湿の場所、直射日光の場所にさえ置かなければ半永久的にその美しさを楽しむ事ができます。

美しい状態がずっと続くプリザーブドフラワーは近年人気が出ています。しかし、「生花じゃないなんて失礼だ」という人もいるそうなので、取引先の人や上司など、好みや考え方を把握しきれていない人に贈るのは避け、定番のものにした方が良いでしょう。

⑦ドライフラワー

気心の知れた友達には人とは違うものを贈りたい、という方におすすめなのがドライフラワーの贈り物です。ドライフラワーにはインパクトやユニークさ、生花にはないオシャレさなどがあります。

リースや壁掛けの花束など、ちょっとしたインテリアの一部にできるのもドライフラワーならでは
雰囲気が合った雑貨屋さんや、生花は駄目だけどドライフラワーなら大丈夫、という飲食店などに飾ってもらえるかもしれません。

また、ドライフラワーは風水的に悪い意味で捉えられる事もありますが、欧米では「永遠の愛情を連想させるもの」とされるなど良い意味もあり、決して失礼にあたる物ではありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。開店祝いなどで贈る花には、思った以上に種類があります。相手の立場やかける値段帯、どんな種類のお店をやるのかなどを考え、良いところや悪いところなどを比較した上でどのお花が良いか選びましょう。