あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

会社関連のお中元を贈る際は、マナーや贈り物の選び方に気を配り、失礼のないように気を付けたいですよね。ここではお中元を贈る際のマナーと喜ばれるお中元の例を、取引先の会社に贈る場合と会社の上司に贈る場合に分けてご説明します。

1.お中元を贈る時期は?

お中元を贈る時期は地域によって異なります。面倒だと思わずに、相手が住む地域のお中元の時期をしっかり調べてから贈りましょう。地域別のお中元を贈る時期は以下のようになります。

北海道…7月中旬~8月15日
東北・関東…7月1日~7月15日
北陸 新潟県・石川県金沢市…7月1日~7月15日
富山県・石川県能登町…7月15日~8月15日
東海・関西・中国・四国…7月中旬~8月15日
九州…8月1日~8月15日
沖縄県…7月13日~7月15日

2.取引先の会社にお中元を贈るときのマナーは?

<相場>

お世話になっている会社にお中元を贈る時は、5,000円から10,000円程度の物を選びましょう。あまり安いもの、または安っぽく見えるものを贈ってしまうと自社の社長の顔に泥を塗る事になってしまいます。

しかし、回らなければいけない会社が多すぎて負担がかかりすぎる場合は、3,000円から5,000円程度でも大丈夫です。

<贈り方>

会社相手にお中元を贈る場合は表書きの上段に「お中元」、下段には会社名と社長、支店長などの代表者名を書きます。宛先には相手の会社の責任者の名前を書きます。

直接会社に訪問して渡す場合は、相手の前で紙袋の中から品物を取り出し、言葉を添えて渡しましょう。いつもお世話になっている事への感謝、これからもお付き合いを続けたい旨などを伝える事が出来れば簡単な言葉で構いません。

輸送して贈る場合は挨拶状を同封し、期間内に届くように心がけましょう。

最後に、ここで気を付けたいのがお中元やお歳暮の受け取りを廃止する贈答禁止の会社が増えてきている事です。贈答禁止にしている会社にはきちんとした理由やポリシーがあるので、困らせない為に絶対に贈らないようにしましょう。

<選び方>


取引先の会社にお中元を贈る場合は、会社の社員さんの間で配られる事が多いです。社員全体に行き渡るくらい豊富に数があり、常温で保存できて誰でも好むような物を選ぶと良いでしょう。

包装やのしにこだわっているお店の物を選ぶなど細やかな気遣いができ、珍しいお菓子や流行りの品物を贈る事が出来るとベストです。

<取引先の会社に贈りたいお中元5選>

①ジュース

仕事中に手軽に飲めるジュースは、会社へのお中元として贈りやすく、人気が高いです。

しかし、手軽だからこそ、どこにでもある缶ジュースのような物を贈ってしまうと安っぽく感じられてしまいます。見栄えが良く高級感のあるもの、果汁100%などのこだわっているもの、珍しいものなどを選ぶよう心がけましょう。

②洋菓子詰め合わせ

空いた時間に軽くつまめて疲労の回復にもなるお菓子の贈り物は、多くの人に喜ばれるギフトです。

しかし、洋菓子の贈り物はその贈りやすさから他社と被ってしまいやすくなります。健康志向の人が多い現代の事を考え、野菜をふんだんに使ったお菓子を選んでみるなどの工夫が必要です。

他と違う贈り物をすれば、自社の事を覚えてもらいやすくもなりますし、喜ばれることまちがいなしです。

③和菓子詰め合わせ

洋菓子の詰め合わせと同じく、和菓子の詰め合わせも幅広く愛される贈り物です。

ご高齢の方が多い会社に贈りたい場合や他社と差をつけた贈り物をしたい場合に贈りましょう。今回紹介する商品は、こだわりの手作り和菓子が風呂敷に包まれているという、ギフトにぴったりの商品です。風呂敷に包まれていると丁寧さがあり、相手方に喜ばれます。

④珈琲

仕事中、集中したい時や眠気を覚ましたい時に重宝されるのが珈琲です。

どこの会社にも一定のストックはあると思いますが、そのストックの足しにする意味でも珈琲はお中元として贈りやすいギフトです。会社でストックとして購入している珈琲は値段が安めの物が多いので、お中元で贈る珈琲には上質な物を選び、喜んでもらいましょう。

⑤ゼリー詰め合わせ

夏に食べたい冷たいゼリーは、相手を問わずお中元の贈り物として人気です。ゼリーの詰め合わせになると数は限られてきますので、相手の会社の社員さんが少ない場合などに贈るのが良いでしょう。

フルーツゼリーなら果肉が丸ごとごろっと入った贅沢で満足感のあるようなもの、コーヒーゼリーなら豆や水にこだわったものを選ぶのがおすすめです。

3.会社の上司にお中元を贈る時のマナーは?

<相場>

上司へ贈るお中元の相場は、大体5000円程度になります。あまりに高額な物を贈ると、上司も部下の手前お返しに気を遣ってしまうので安っぽすぎず高額すぎないものを選びましょう。

<気を付ける事>

会社同士のお中元の贈り合いが禁止の会社があるように、会社内部の贈り合いが禁止されている場合もあります。自分の会社のルールをしっかり確認しましょう。

また、目上の人への贈り物なので商品券や金券を渡すのは不適切です。その他にも、カタログギフトなど金額があからさまに分かってしまうものは避けましょう。

<選び方>


上司へのお中元の多くは、上司の家族の間で消費される事になります。取引先の会社へ贈るギフトのように量が多すぎる物は避け、それよりも質を大切にしましょう。

質というのは、ただ単に上質で高価なものを選べば良いわけではありません。家族が何人いるか、上司の好みは何かなどを普段の会話を通して把握し、それに沿った物を選びましょう。

<上司に贈りたいお中元5選>

①果物

お中元で贈ると喜ばれるのが、さっぱり食べられる果物ギフトです。

しかし、ひと家族に丸ごと果物の詰め合わせを贈ると、日持ちしない為、駄目にしてしまうかもしれません。子供が多い場合や、上司が果物好きな場合以外はコンポート、缶詰などの保存が効きいつでも食べる事が出来る物を選びましょう。

②乾麺セット

賞味期限が長めの乾麺は、多くの人にとってお中元として贈りやすいギフトです。その為、毎年夏になると素麺やうどんなどのお中元が贈られてきて食べきれなくて溜まっていく、なんて人も少なくありません。

そこで今回提案するのは八種類の人気店のラーメンが入った詰め合わせのギフトです。スープがついている為食べやすく、味の違いがある為飽きにくくなっています。子供も喜ぶラーメンは贈ると喜ばれますよ。

③アイスクリーム

子供が多い家庭には、アイスクリームのように家族全員に喜ばれるギフトを選びましょう。

アイスクリームは長時間の保存が効く為、多く贈っても困らせる事はありませんし、いつでも食べられるデザートとして重宝されます。味は勿論、見た目も可愛らしい物を贈る事ができると、家族の話題のタネにもなりますし、センスが良いと上司に褒められるかもしれません。

④調味料セット

料理好きの奥さんを持つ上司には、こだわりの調味料ギフトのセットを贈りましょう。

家の料理にこだわりがあり、毎回同じ調味料しか使わない、というような家庭には不向きかもしれませんが大抵の場合は喜んでもらえます。その際にスーパーでよく見るような物よりもあまり出回っていない特別感のある物を選びましょう。

⑤洗剤セット

日用品のギフトは生活の中で頻繁に使う事ができる為、貰って嬉しい贈り物です。ストックはあればあるほど助かるので、多く贈っても困らせる事はありません。

今回紹介する商品は、石鹸職人さんが天然素材のみを使ってこだわって作った洗剤のセットです。日用品の贈り物の場合はどこにでもあるような物を贈ってもつまらないので、こだわって作られた特別感のある物を贈りましょう。

4.地方の職人さんが作るマチコノオンリーワンギフト

5.まとめ

いかがだったでしょうか。もし、会社関連のお中元の選び方と贈り方の参考になったなら幸いです。これからも相手と良いお付き合いがしていけるようなお中元を贈る事ができたら良いですね。