あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

一軒家に引っ越したり、新しい家を建てたりする経験がなく、どんな贈り物をどんな時期に贈れば良いかが分からない人も少なくないと思います。今回はそんな方の為にそもそも引っ越し祝いがどんな時に必要なのか、渡すタイミング、相場や貰って嬉しい贈り物について紹介します。

アパートへの引っ越しに引っ越し祝いは必要?

賃貸マンション、アパートなどへの引っ越し祝いは基本的には必要ありません。相手側もしっかりとしたお祝いをされると面食らってしまいますので、親しい間柄で個人的に渡すか、過去に引っ越し祝いを貰ったお返しとして渡すようにしましょう。

また、そのような場所に引っ越す場合はほとんどが進学、就職が理由です。進学祝い、就職祝いを渡せば引っ越し祝いまで渡す必要はありません。

引越し祝いはほとんどの場合新築祝い

相手が新しく家を建てる時に贈る新築祝いであれば、かしこまって渡してもおかしくありません。結婚と同時に家を建てる場合は結婚祝いとして贈れば良いですが、結婚してしばらくたってから家を建てた場合は新築祝いも贈りましょう。

渡すタイミング

家を新しく購入、新築された方は家族や友人、いつもお世話になっている人を家の「お披露目会」に招待する場合があります。招待を受けているのであれば、その時に渡すようにしましょう。

お披露目会が開かれない、もしくは招待されていない場合は相手が引っ越した後に渡します。

時期は、自分の贈りたい物がすぐに必要な物かどうか、邪魔にならないかどうかをその都度考えた方が良いでしょう。例えば、すぐに食べる事ができる食べ物ギフトや、家が片付いてなくても必要なタオルは引越してすぐに渡しても困らせる事はありません。

反対に洗剤セットや傘立てなどは、家の片付けが終わらないうちに渡しても寧ろ邪魔になってしまいます。その場合は引っ越した後、片付けなどが落ち着いた半月から2カ月後に渡すと良いでしょう。

新築祝いの相場は?

贈る相手との関係性によって変わりますが、友達からの贈り物であれば相場は3,000円から10,000円くらいが妥当です。お返しが困難にならない程度の金額の物にしましょう。

引越し祝い・新築祝いにピッタリの贈り物10選

引越し祝いや新築祝いに「欲しい」と思われる物は、消耗品や今不足している物などの実用的な物です。家が片付かないと料理もなかなかできないので、道具を使わなくても食べる事ができる食べ物ギフトなども人気です。

反対に、引越し祝い・新築祝いには絶対に渡してはいけないタブーな贈り物もあります。火事を連想させてしまう赤い物や、新しい家に傷をつけなければいけない壁掛け系の物、「踏みつける」という意味がある履物系などは避けましょう。

①食べ物ギフト

片付けや掃除等で忙しい引っ越し直後は、なかなか料理する時間もなく、台所を汚したくもありません。そんな時、レンジで温めるだけで食べる事ができる物があればとても嬉しい事でしょう。

折角お祝いで贈る物ですし、なかなか食べる事ができない高価な物を贈ると喜んでもらえます。

②スイーツ

朝食や夕食で食べる食べ物以外にも、ちょっと小腹が空いた時に食べる事ができるお菓子のギフトも嬉しい贈り物です。甘い物は疲労の回復にも繋がりますし、引越しの片付けの合間に食べるおやつとしてピッタリです。

③お酒

お酒は、お祝いには欠かせない贈り物になります。友達夫婦がどちらもお酒をよく飲むのであれば贈りましょう。引越し、新築祝いには製造年の入ったお酒を贈ると、記念ボトルにもなるので喜ばれますよ。普段は飲めないワンランク上の上質な物にしましょうね。

④洗剤セット

引越し直後は、とにかく物入りな時期になります。新しい家具や電化製品など新しい家に必要な物、欲しい物を購入するのに忙しく、なかなか全てに気を配る余裕がありません。

そんな時にたくさんあると嬉しい消耗品も贈ると喜ばれる贈り物です。手肌に優しい成分の物を贈るなど気遣いを見せると更に喜ばれますよ。

⑤タオル

広い家に引っ越すと、その分タオルを置く場所も多くできるようになります。タオルは消耗品でもあるので、新しい家に引っ越す際に気分を変えて新しい物がたくさん欲しくなる、という人も少なくないでしょう。

今治のタオルは織り方と染め方によって、ふんわり柔らかな手触りに仕上がった高品質のものになります。縁起の良い金色と銀色のデザインもお祝いにピッタリですよ。

⑥傘立て

アパートや賃貸マンション暮らしの時にはあってもなくても良いですが、広い玄関のある家に引っ越すのであれば傘立てがあった方が見栄えがよくなります。

しかし、家のデザインとあまりにも合わない物を贈ると困らせてしまうので、なるべくシンプルなデザインでかつおしゃれなブラウン系かホワイト系の色の物を選びましょう。

⑦ロボット掃除機

狭い部屋だと返って邪魔になってしまいがちなロボット掃除機ですが、広い家の掃除にはとても助かります。その実用的さに加えて小型、薄型でかさばらない物は邪魔にもなりませんし、喜ばれる贈り物と言えるでしょう。

一万円から一万五千円の価格帯の物でも静音、自動充電などができる高性能の物があるので贈る側の負担も少なくなります。

⑧ダストボックス

部屋数が多い家で暮らしていると、一部屋に一つのダストボックスがあった方が便利です。アパート暮らしの頃はダストボックスの数もそんなになかったと思うのでこの時期に贈る物としてピッタリですよ。

まるでインテリアのような、ダストボックスに見えないオシャレな物は部屋の内装にこだわりたいオシャレな奥さんに喜ばれます。

⑨キッチン家電

キッチン家電を贈る際に注意する事は、相手側も既に持っている物は欲しくない、という事です。自分達がずっと使っていた物もあると思いますし、結婚祝いなどでも贈られている場合も多いので、贈るとしたらなるべく”レア”で自分では買わないけどあると嬉しい、という物を狙いましょう。

⑩バスボム

引越し後、物入りの時期ですぐには気が回らないバスグッズも贈り物として人気です。引越しの段取りや片付けなどで疲れている筈なので、甘い香りと可愛い見た目のバスボムで心も体も癒されてもらいましょう。

保存が効くので、たくさん贈っても迷惑になる事はありませんよ。

地方の職人さんのオンリーワンギフト

まとめ

いかがでしたか。引越し・新築祝いでは迷惑になる事がないように時期や贈る内容を気を付け、双方ともに気持ち良い贈り物ができるようにしましょう。新しい生活を楽しんでもらえると良いですね。