あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

糸島市中心部から西に向かって海岸線を進む。
おだやかな海を見ながら進むと、ぽつりとたたずむ一軒のお店。
私たちは気になって、足を自然と運ばせながらお店の戸を開きました。

この地で石鹸づくりをされている海辺の手作り石鹸工房暇楽-kalaku-さん。今回は店主の前田さんにお話を伺いました。

この糸島の地で石鹸づくりをされて15年。今では糸島に旅行に訪れたカップルや家族連れまでたくさん訪れるお店。なぜこの地で始めたのか。そこに私たちは興味があったのです。

糸島が詰まった石鹸を。

今では12種類ほどの石鹸を作っています。季節物もありますし、定番で15年前からあるものもあります。だんだん要望でバスソルトやハーブやオールインワンゲルなどのコスメも置いています。


今年で開店してからちょうど15周年になります。今までは糸島の素材だけを使ってということはなく、糸島で作っているという表現の方が正しかったです

しかし、お世話になった糸島なので、この機会に目の前の糸島の海でとれるモズクの成分を取り入れて、糸島のご当地コスメとして外に出していきたいと考えています。この石鹸と一緒に糸島の良さなども外に出て伝わってくれると嬉しいなと思うんですよね。

没頭しながら独学で石鹸を作る。

もともとは病気を患って療養のためにこの地に来ました。糸島は田舎なんですよね

最初は暇で何もすることがなかったので石鹸づくりを始めたんです(笑)。最初はこれを仕事にしようとは思っていなかった。

ある日、糸島でろ過槽の工事をする業者のおっちゃんに「合成洗剤を流しちゃいかんよ!」と言われて「合成洗剤は流したら駄目なんだと」。

理由を聞くと、合成洗剤はろ過しないから環境に悪いらしいと教えてもらいました。「それって魚とかにやばくない?」と思って。単純ですよね(笑)

その言葉もきっかけで。もともと病気なこともあり、無添加なものとかを集めるようになりました。

そこから、ゴソゴソと自分で石鹸づくりを独自で作り始めて、6畳ぐらい部屋を埋め尽くすほど石鹸づくりに没頭したんです(笑)

 

最初は、どんどん作った石鹸が増えていくので好き勝手に作ったものを配りだしたのですが、少しずつ「購入したい」という人が増えて来ました。

もともとはここで石鹸のお店をやろうと考えていたわけではなく、本当に自然な流れでここでお店を開くことにしたんです。

のどかな海で自分の体を癒す。

糸島はのどかですよ。普段の生活じゃ疲れるし煮詰まってくるじゃないですか?

仕事に追われる生活だったりとか、満員電車とかストレスたまりますよね。

糸島は福岡から小一時間走らせたらつく距離だし、山も海もある。リフレッシュできるんでしょうね。糸島はそういう事で来る人が多いと思いますよ。

うちのお店もそういう場所であると思ってて、売ってるものはことのついでだと思うんですよ。癒しを求めてきて、その記念品を買って帰るというようなものじゃないかなと(笑)

私も最初は病気になってたまたまこの地に来ました。リフレッシュしたいとか、彼女に振られたら海に行きたいなとか無いですか?(笑)

私もそういうことがあったんですよ。そういう癒しを求める場になって手ごろに行けるからこそ、糸島が人気を集めている理由じゃないのかなと思うんですよね。

どんなに手間がかかってでも良いものを。

石鹸の作り方にも何種類か存在します。
私たちの石鹸はその中でも「コールドプロセス製法」という作り方をしています。

材料に熱を加えず、一定の温度を反応熱だけで熟成させて石鹸を作る方法です。この製法だと、材料に熱を加えず低温で作るために、材料に含まれる良質な成分が壊れにくく石鹸に閉じ込めることができるんです。

他の製法と違って、すごく手間がかかるので1個の石鹸ができるまでに1か月以上かかります。大変だけど、それでもいいものを作りたい。そこだけは崩さないようにしています。

これからの展望としては最初に言ったように、糸島のものを取り扱っていきたい。糸島がどんなに人気が出ようとも、ブームって継続は難しいと思うんですよ。

ブームだけで終わらず、変わらずに人様が訪れてもらえるように石鹸を通して糸島のことを発信していきたいと思います。

プロフィール

糸島海辺の手作り石けん工房暇楽  前田まさよ

2001年、病気療養のため、糸島半島に移住。手術・療養中に、糸島の自然との暮らしの中で、無農薬野菜作りや、自然に親しむ生活を送る中、汚水を浄化し海に流すこの地の汚水状況から、合成洗剤は、浄化槽では浄化できず、海に流れてしまうことを知り、自然と人と肌に優しい石けん作りをはじめて、2003年5月1日、糸島の地に、手作り石けん工房 暇楽をオープンさせる。

【福岡県糸島市】特集の記事一覧はこちら

・新しい風を感じる町【福岡県糸島市】特集始めます。
・【福岡県糸島市】これからも地域に根付く面白い農業を|おき農園
・【福岡県糸島市】次の世代の糸島につながる恩送りを|アロマ工房香の宮
・【福岡県糸島市】この街を伝えていく石鹸を作る|暇楽-kalaku-
・【福岡県糸島市】自分が面白いと思えるものづくりを|贈り物家具・御幡 圭輔
・【福岡県糸島市】子どもたちが安心して食べる『つまんでご卵』を|緑の農園・早瀬憲一
・【福岡県糸島市】小さいときに感じたあの暮らしを求めて|kurumian・林田友香
・【福岡県糸島市】糸島の冬は牡蠣小屋で決まり!絶対行きたいおすすめの牡蠣小屋8選
・【福岡県糸島市】人気のインスタ映えスポット!話題のヤシの木ブランコに行ってきた。
・【福岡県糸島市】格安からリゾートまで!糸島観光で利用したいホテル&宿泊施設6選
・【福岡県糸島市】おしゃれカフェ激戦区?糸島で人気のカフェ10選
・【福岡県糸島市】糸島の四季を楽しもう!季節別・糸島観光スポット12選
・【福岡県糸島市】糸島でお土産を探すならココ!人気のお土産店&おすすめのお土産10選
・【福岡県糸島市】海の幸から山の幸まで。糸島市で訪れたいランチ12選