あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

マナーや贈る相手など、頭を使う事が多い結婚内祝い。忙しい時期でもあるので、困難に感じる新婚さんも多い事でしょう。そこで今回の記事では、結婚内祝いのマナーや喜ばれるギフトなど絶対に役立つ情報をまとめてみました。

1.結婚内祝いとは


結婚内祝いとはお祝い事の記念であり、「幸せや喜びを分かち合うためのお裾分け」という意味がある贈り物の事です。渡す相手は近所の人や親族、お世話になっている人々でした。

しかし近年は、結婚祝いを頂いた方への「お返し」として渡す人の方が多いようです。

2.内祝いを贈る時期

結婚内祝いは、結婚祝いを貰った後できるだけ早く贈りましょう。遅くてもお祝いを貰ってから一カ月以内もしくは結婚式を挙げてから一カ月以内に贈るのがマナーです。もし返すのが遅くなると分かっている場合は、お祝いを貰った直後に電話などでお礼を先に伝えておきましょう。

3.内祝いでのマナーは?

①予算は結婚祝いの金額から考える

結婚内祝いは、頂いた結婚祝いの金額の半額で贈る「半返し」が基本的です。また、半額ではなく3分の1であっても問題はありません。

現金でお祝いを頂いた場合はその3分の1~半額程度の値段のものを、品物で頂いた場合はインターネットなどで大体の金額を調べてお返ししましょう

②のしの付け方


もしお祝いにのし紙をつけるのならば、包装紙の内側にのし紙をつける「内のし」にしましょう。結婚内祝いは相手をお祝いするものではないので、控えめな印象を持つ内のしの方が良いとされるのです。

また、内のしにしておくと宅配便で贈り物をする場合にものし紙が傷つきません

③結婚内祝いの選び方

〇NGなもの

結婚式のお祝いに縁起が悪いとされる食器類などの「割れ物」、包丁などの「切る物」、直接肌に触れ、服の下に着る肌着などはNGです。

品物の種類だけでなく数も重要で、4や9などの忌み数字はもちろん、離婚を想起させる偶数で割れるものは避けましょう。

〇好まれるもの

結婚内祝いで好まれる贈り物は誰にでも使えて、好みが分かれず、貰っても困らないものです。複数の人に一度に贈り物をしなければならず、一人ひとりの好みや家族構成を考える余裕がない内祝いは、「無難なもの」を贈りましょう。

4.内祝いを贈らなくても良いケースがある?

①結婚式で引き出物を渡している場合


結婚式に出席し、引き出物を渡した方には内祝いは必要ありません。引き出物や結婚式での料理のおもてなしがお返しになる為、内祝いまで贈ると相手に気を遣わせてしまうからです。

結婚式に招待できなかった、もしくは招待したけど出席できなかった人にだけ贈る、と考えて良いでしょう。

②結婚祝いが少額の物

既に述べた通り、内祝いにかける値段は結婚祝いの金額の3分の1から半額が基本になります。ですので、結婚祝いで頂いたものが少額の場合は、返すのがかえって失礼になり、渡さない事の方が多いです。

電話でのお礼や新婚旅行のお土産など、違った形で感謝を伝えましょう。

連名で頂いた場合も同様で、貰った贈り物の金額を人数で割ると一人ひとりに返せる値段のものがなくなってしまいます。連名で贈り物をする人は友人や職場の人である事が多いので、次にそのメンバーで集まった時に差し入れをするなどしてお返しをしましょう。

③会社の制度として貰った場合

近年、福利厚生の一つとして会社の制度で結婚祝いを貰う事があるようです。しかしその場合、お返しする相手が極端に多くなる、もしくは相手を特定できないので内祝いを贈るのは不要です。

5.結婚内祝いで喜ばれるおしゃれで使えるプレゼント9選

〇自由度の高いギフト

①カタログギフト

カタログギフトは内祝いの定番で、最も喜ばれるギフトです。

相手の好みをよく把握していない場合、金額だけで選べるカタログギフトは贈りやすいですし、貰う側も自分で好きな物を選べるので「いらない物を貰った」と感じる事がありません。

双方が気を遣わなくて良いギフトとして重宝されているようです。

〇当たり外れが少ない食べ物系ギフト

②スイーツ

家族が多いご家庭には、誰にでも喜ばれるスイーツギフトを贈りましょう。贈る相手が甘い物が駄目だと分かっている場合は避けた方が良いですが、基本的には家族全員が喜んでくれる贈り物になります。

③缶詰ギフト

内祝いは結婚祝いを頂いてから一か月以内に贈る事がマナーですが、贈られる側からするといつ届くか見当がつきません。突然肉や魚が届くと困ってしまいますので、食べ物を贈る場合は日持ちがする缶詰を贈りましょう。

おつまみのような大人な物よりも、家族全員が食べられる物の方が好まれます。

④調味料セット

毎日使える調味料のセットは料理が好きな女友達や、家族の多い家庭に人気の贈り物です。しかし、毎日使うものなだけに気を付けるべきポイントもあります。

メーカーにまでこだわっている人は少ないですが、例えば「無添加のものしか使用していない」という人や「味噌は白」「醤油は辛口」など味にこだわりを持っている人はいるので、リサーチはしっかりしましょう。

⑤ドリンクギフト

日常的な必要性はなくても、あると嬉しいドリンクギフトは家族全員に喜ばれる贈り物です。ただ、季節はすごく重要なので夏にはジュース、冬には紅茶やコーヒーなどを選んで贈りましょう。

ここで紹介するのは果物の果汁がたっぷり入った満足感のあるジュースのセットです。いつもとは違う高級感のあるジュースに子供だけでなく大人も嬉しくなってしまいますね。

〇貰うと助かる日用品ギフト

⑥バスボムギフト

お風呂関係のような日用品ギフトも喜ばれるギフトの一つです。しかし、シャンプーやボディソープには好みがありこだわりが強い人が多いので、避けるのが無難でしょう。

バスボムはそのようなこだわりもなく、貰ったら使ってみたいと思ってもらえます。長持ちもするので、貰って困るようなものでもありません。

⑦タオル

いくつかストックしておけるタオルは貰っても困る事がなく、贈る方も貰う方も気を遣わなくて良い贈り物になります。普段安いものしか買わない人でも、贈り物で高級なタオルを貰うと嬉しいですよね。

⑧レンジパック

常備菜入れにしたり、職場に持っていくお弁当のちょい足しにしたりと何かと使い勝手の良いレンジパック。料理をよくする人にとっては複数あると助かるグッズです。

磁器素材でできた本体とプラスチック素材の蓋は「簡単には割れない」ため、縁起も良い贈り物になります。

⑨台所用ギフトセット

結婚内祝いのギフトに、食器用洗剤、詰め替えパック、スポンジまでついた心優しいギフトはいかがですか。植物オイル100%の純石けんからできた洗剤は手肌に優しく、環境にも優しい製品です。

贈る人の気遣いが感じられ、使う方も嬉しくなりますね。

5、地方の職人さんのオンリーワンギフト


いかがでしたか。内祝いを贈る際に気を付ける事はたくさんある為忙しい新婚さんにとっては大変な事だと思います。しかし、ここでしっかりとした内祝いを贈り、結婚を祝ってくれた方に誠意を伝える事は大切な事です。この記事がマナーの確認やギフト選びの手助けに少しでもなれたなら幸いです。