あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

ママ友の間で話題のハーフバースデー。

「順調に育ってくれてありがとう」のメッセージを送るとともに、パパ・ママも労う日です。親戚や知り合いの赤ちゃんのハーフバースデーもおめでたいですね。

「良い思い出にしたいけれど、一体何をすればいいの?」と悩んでいる方必見です。今回は、ハーフバースデーの定番とおすすめのプレゼントをご紹介いたします。

【ハーフバースデーとは?】

日本では、赤ちゃんが生まれてから6ヶ月後の誕生日をハーフバースデーと呼びます。

もともとはイギリスやアメリカで行われていたハーフバースデー。

イギリスやアメリカでは、「長期休みなどの間に誕生日が来る子どもを、誕生日の6ヶ月前や6ヶ月後にお祝いしよう」というまったく別のイベントなのです。

ところが日本では、生後6ヶ月の誕生日として、ハーフバースデーは浸透していきました。パパ・ママにとっても親になって半年目という節目です。

そのため、子どもの成長を祝うとともにパパ・ママを労う日としても、最近はハーフバースデーをささやかに祝う家族が増えています。

【ハーフバースデーは何をする?おすすめの飾りつけ】

①手作り離乳食ケーキでお祝い

生後6か月はちょうど離乳食を始める時期です。そのため、手作りした食事を食べさせてあげたいというパパ・ママが多いです。

離乳食ケーキは10倍粥やニンジン、カボチャなど野菜のペーストを使って、形をケーキに似せているものです。大人が食べるケーキとは全く違いますので、注意してくださいね。

②いつもよりちょっとおめかしして記念撮影

赤ちゃんが、おすわりできるようになっているのであれば、赤ちゃん用のドレスやスーツを着せて記念撮影をして、思い出として残しましょう。

家庭で「HAPPY HALF BIRTHDAY」と書かれたフラグなどを壁に飾り、その前におめかしした赤ちゃんを座らせ写真撮影をする家族も多いです。

最近では、写真館でもハーフバースデーフォトなどのプランを用意しているところもありますよ。

③赤ちゃんを寝かせるだけでできる寝相アート

寝相アートとは、赤ちゃんを床に寝せて、その周りに飾りを置き背景に見立てて、上から撮影することを言います。

その中でも人気なのはハーフという意味の「1/2」の1を赤ちゃんに見立てて撮影するものです。おむつで2を作って、その横に赤ちゃんを寝かせるのもいいですね。

赤ちゃんがクラッカーから出てきたようにデザインする寝相アートも人気です。

クラッカーの三角に模した布や型紙を置き、赤ちゃんの周りに紙テープなど散りばめ、飛び出したように見せるのがとても可愛らしいですよ。

飾りは、両親が可愛いわが子のために試行錯誤しながら手作りするケースも多いです。

【ハーフバースデーに贈るおすすめプレゼント10選】

親戚や、親しい友達の子どものハーフバースデーにプレゼントを渡してお祝いしてあげましょう。

プレゼントを選ぶ際に気をつけたいことは、安全なものを選ぶということです。赤ちゃんは何も知らず口に入れてしまったり、振り回したりします。

赤ちゃんのパパ・ママも気を使っているポイントです。このポイントを押さえて選べば、喜ばれること間違いなしです。

綿製品でさわり心地もgood ガラガラ

6ヶ月の赤ちゃんは手先の感覚が発達してくると言われています。それと同時に音によく反応します。

綿製品なので赤ちゃんの大好きな触り心地です。万が一口に入れてしまったとしても、安心です。

可愛らしさ倍増 ヘアーバンド

こちらのヘアバンドは、柔らかい赤ちゃんの頭に負担をかけないために緩めに作られており、赤ちゃんに不快な思いをさせることなく使うことができます。

髪の毛が少ない赤ちゃんでも、髪を飾ることができ、お母さんも一緒におしゃれを楽しむことができますね。

3歳の誕生日まで使える ソフトクラウン

ハーフバースデーの記念撮影をするときに使える、布でできた王冠です。1/2・1・2・3のシールが付属しており、張り替えることで3歳の誕生日まで使うことができます

不思議と、赤ちゃんも笑顔で写真に写ってくれます。

小さいサイズのカトラリー スプーン&フォークセット

母乳から徐々に離乳食を食べる機会も増え始める6ヶ月ごろ。小さい口の赤ちゃん用のスプーンとフォークは必需品です。

お出かけしたりするときも持ち歩くので、何本か持っている人も多いです。名前も入れることができ、記念の一品として残すことができます。

大人気絵本 だるまさんシリーズ

だるまさんシリーズの絵本を知っていますか?字が読めない赤ちゃんも笑うと話題の絵本です。赤ちゃんが楽しむと家族も笑顔になるという幸せの連鎖が起きますね。

幸せのきっかけをプレゼントしてみてください。

引いて遊ぶおもちゃ プルトイ

子どもは早い子で7ヶ月くらいからつかまり立ちができるようになります。このプルトイ座りながらコロコロ転がして遊べます

6ヶ月くらいから興味が湧き、赤ちゃんがいつの間にか歩きはじめるきっかけになることも多いです。

赤ちゃんの五感をくすぐる木のおもちゃ ラトル

赤ちゃんの五感は小さいころの経験が影響して発達すると言われています。そのため、音のなるおもちゃや動くおもちゃは赤ちゃんの発達に大きく貢献します。

赤ちゃんにたくさんおもちゃを贈って一緒に遊んであげましょう。

仕掛けいっぱい アンパンマン布絵本

アンパンマンは赤ちゃんの人気者です。絵本が読めない赤ちゃんでも絵が変わっていくことや、めくることを覚えます。でできているので、絵本の角で怪我をする心配もなく安心して遊べます。

6重ガーゼで安心 ベビースタイ

よだれが多い赤ちゃんには、ベビースタイを贈りましょう。スタイは可愛いものも多いですし、何枚あっても困るものではありません。

出かけるときにおしゃれさせてあげたいお母さんも喜んで受け取ってくれますよ。

充実の7点セット ベビー食器

離乳食を食べる際に必要なベビー食器。離乳食はドロドロしているので、深いお皿が人気です。

さらに、電子レンジにいれて温めることもできるので、作り置きをお父さんが温めて食べさせることもできますよ。充実の7点セットなので、長く使うことができます。

地方の職人さんが作るオンリーワンギフト

まとめ

いかがでしたか?

日本ではあまり馴染みがない、ハーフバースデー。赤ちゃんだけでなく、パパママもリラックスして笑顔で過ごせる日が続くといいですね。