あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

地域のクラブ活動で子供会の幹事をすることになったあなた。

「子供会を盛り上げるために、ビンゴゲームなどの景品を用意したい」と思っても、どんな商品を選べばいいのか悩みどころですよね?

今回は、子供に喜んでもらう景品の選び方と、商品を紹介していきます。

〈子供会で子どもに喜んでもらう景品選びには3つのコツがある〉

子供がいると、地域の子供会や幼稚園のお遊戯会など、親子で参加するイベントも多くあるかと思います。

幹事をやるとなるとコンテンツ詰めや予算の見積もりなど、細かい作業は思った以上に大変なもの。

中でも頭を悩ませるのが「景品選び」なのではないでしょうか。

今の子供たちの中ではどんなものが流行っているのか。
どんな景品を選べば、みんなに喜んでもらえるのか。

試行錯誤の繰り返しですよね。

そこで、今回は子供に喜んでもらう景品選びのコツを3つ紹介していきます。

とりあえず100均でいいやは危険

予算の関係で景品を100円均一で済ませることはオススメできません。
というのも、子どもは意外といろんなお菓子を知っていて、100均のものでは喜ばれにくいです。

私が家庭教師をしていたときの生徒に、宿題を頑張ったご褒美にアメをプレゼントしたら、「コレ、100均じゃん」と見事に当てられてしまいました。

しかし、どうしても予算の都合上100均のものを使わざるを得ない場合は、何種類のお菓子をバラして詰め合わせると良いですね。

これで学年や性別に関係なく、みんなに喜んでもらえる景品になります。

値段に差を付けない方が無難

景品に値段の差は付けない方が良いです。

たしかに大人のビンゴゲームなら「1等には黒毛和牛!」などと高額の商品を設けると盛り上がります。

しかし、子供の場合は欲しいものが当たらなかったりすると、悔しくて泣いてしまう可能性があるんです。

盛り上がりはもちろん大事ですが、子供会の場合は全員が平等に楽しめるようなイベントにすることが大事。

子供が残念がることのならないように、景品は値段に差が出ないように工夫しましょう。

キャラクターものを単品で贈ることは避ける

子供に大人気のキャラクターものの景品を選ぶと、喜ばれるような気がしますよね。

しかし、子どもにも好みがあります。人気のキャラクターが、全ての子供に喜ばれるとは限りません。

たとえばドラゴンボールに興味がない人が、悟空のフィギュアをもらっても嬉しくはないですよね。

同じドラゴンボールでも、ベジータが好きな人がピッコロのフィギュアをもらっても喜ばないかもしれません。

キャラクターものを単品で贈ることは、子どもによって興味や好き嫌いが分かれるので避けた方が無難です

もしキャラクターものを景品にするなら、本当に欲しいと思っている人に渡せるように、子どもに景品を選んでもらうようにするといいでしょう。

<子供会でもらって嬉しい景品10選>

先ほど紹介した3つの選び方を踏まえた上で、子供がもらって嬉しい商品を紹介していきます。

子供会の景品を選ぶときに、参考にしてください。

<お菓子>

うまい棒

子供なら誰もが一度は口にする定番お菓子「うまい棒」。

味の好みが分かれやすいですが、15種類の詰め合わせセットなので好きな味を選んでもらうこともできます。

景品としては最も無難なお菓子と言えるでしょう。

選べるスナック菓子ギフト

カルビー、湖池屋、オー・ザックの人気商品から2種類が選べる「スナック菓子ギフト」です。

大人も子供も楽しめる定番のお菓子ばかりなので、選ぶのが楽しくなります。
最近の子どもたちにも親しまれているので、子供会の景品としては最適。

もし悩んだら「ポテトチップス」を選ぶとハズさないはずです。

駄菓子詰め合わせ①

駄菓子の詰め合わせ」は景品選びの強い味方。
約75種類の駄菓子が一つずつ詰まっていて、他のお菓子とも被りません。

数種類を袋にまとめて景品にすると、子どもたちの満足度も高まることでしょう。

駄菓子詰め合わせ②

ありとあらゆる駄菓子を93点詰め合わせた「駄菓子セット」。
飴、チョコ、グミ、スナック菓子など、子どもが喜ぶ駄菓子が箱いっぱいに詰まっています。

これさえあれば景品に困らないのではと思えるほど、心強い商品です。

<文房具>

キャラクターツムツム文房具

ツムツム文房具」は、今子供たちの中で大流行しているキャラクターの文具です。

子どもの興味が分かれるキャラクターものを単独で景品にすることはオススメできませんが、お菓子などと一緒に袋に詰めれば問題ありません。

ツムツムが好きな子どもは多いので、景品に1つは入れておきたいですね。

ミニオンズグッズ

ミニオンズ好きなら目を輝かせる「ミニオンズグッズ」。
ミニオンズに興味がない子どもたちにも配慮して、お菓子などと一緒に渡しましょう。

文房具だけではなく、靴下やポーチなど日常で使えるものも入っていることが人気の秘訣。

子供に欲しいものを選んでもらうようにすれば、本当に欲しいと思っている子にプレゼントできるのでオススメです。

カラーペン

授業などにも使える「カラーペン」も景品として人気です。
お絵かきが好きな子なら、とても喜んでもらえます。

子供向けにデザインも可愛く工夫されているので、自由帳のおえかきのお供に最適な商品です。

消しゴムセット

よく消える「消しゴム12個セット」は子供会の景品にピッタリです。

授業の必需品であり、誰もが使う消耗品
贈り物に消耗品を選ぶとハズすことが少ないので、理にかなった景品と言えます。

<おもちゃ>

光るブレスレット

子供のときは、光るおもちゃでよく遊びませんでしたか?
そう、子どもはピカピカ光るおもちゃが大好きなんです。

そこで、景品に1つは入れたい商品の「光るブレスレット」。

最初は棒状になっています。
リングにして腕に巻いたり、重ねたりと、これ1つでいろん楽しみ方があり、オススメです。

光るハンドスピナー

今、子供たちの間で流行っているおもちゃといえば「ハンドスピナー」。
ただ、大流行の商品なだけあってほとんどの子供たちは持っています。

そのため今回紹介するのは光るタイプのハンドスピナーです。

これならすでに持っている子供も喜んでくれるでしょう。
まだ持っていない子どもならなおさら喜んでくれるはずです。

<地方の職人さんオンリーワンギフト>

<終わりに>

いかがでしょうか。
今回は、子供会で喜ばれる景品を紹介しました。

景品は子供会を盛り上げるための必須アイテム。
この記事を通して、みんなが喜んでくれる商品選びのヒントを得てもらえたら嬉しいです。