あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

5月の雨上がり。糸島の海岸沿いから少し山の方へ入る。

少し坂を上ると木や自然に囲まれたお店が私たちの目の前に現れました。

器と暮らしのもの kurumian。糸島の地で店主の林田さんが大好きな器や暮らしのものを販売されています。この地でなぜお店をされているのか。お店をされた経緯や考え方について林田さんにお話を伺いました。

幼少時代の暮らしへの憧れ。

プロフィール

林田友香(ハヤシダトモカ)
器と暮らしのもの Kurumian代表。書・墨作家。2000年3月より糸島半島在住。夫と犬・ハンナ(Gレトリバー)と暮らす。糸島半島内にある200坪の田んぼと150坪の畑で、無農薬の米と野菜を育てながら、WEBSHOP/実店舗の運営、イベント・ワークショップ開催、書・墨作家、書籍執筆など個人でも活動中。

http://www.kurumian.com

20歳の時に結婚して、福岡市内で普通にOLをしていました。しかし、結婚と仕事が重なってハードワークで体を壊してしまいました。

そんなとき、小さいころ父の家での暮らしを思い出したんです。父の実家は自給自足のような生活で、川に魚を取りに行ったり、猪を絞めたりとか。野菜や自然に囲まれた生活をしていました。

不便だけどで私の中でいいなぁと。体を壊したのがきっかけでしたが、そういう生活をしたいなぁと改めて気づきました。

糸島に来たのは小さいころから遊びに来ていたのと、周りの影響です。その後、一度下見にこの地に来たときに「ここに住みたい!」と思ってしまったんです。

母の影響で器に目覚めた。

小さいころから器の収集が好きな母の影響で窯場によく連れて行かれてました。私は最初はそこまで興味無かったんですが、物心ついたときには器が身近にあってのめりこんでしまっていました(笑)。

その影響もあって器屋さんになろうと思い、インターネットで糸島の窯場さんのものを取り扱おうと始めました。

その時はインターネットで販売すること自体が珍しかったので風当たりは強かったですが、地道に説得をして少しずつ売らせてもらうことになったんです。

私自身、1つのことをずっとできるような性格では無いので、最初は器だけでしたが色々な物を少しずつ増やしていきました。

途中からは、自分の暮らしをそのまんまをお店にしたいと思って、お店は今のスタイルになりました。私にとっては仕事なのか遊びなのか境目が無いです(笑)。自分がいいと思うこと、やりたいことをやっているので楽しいんですよ。

書道やアートもやりたいことはやる。

私の転機としては2013年に国立博物館に行ったことでした。その時、書道の展覧会があったんです。けど、行ってみたらガラガラで(笑)。

書道家の先生たちが書道の人気の無さを嘆いていました。その時わたしの中でグツグツと思いが湧き出ちゃって(笑)。やりたいと思ったらやる性格なので、久しぶりに書道をしようと決めました。

たまたま知り合いの友達が台湾にいるので、そのつながりで台湾で展示と販売をするようになりました。新しいことを始めるのは勇気も必要でした。でも「やりたい!」と言ったから台湾で展示もできた。やりたいなと思っていても言わないと始まらないんですよね。

やりたいと思ったことは年齢なんか関係ないです。今の内にしかできないことがたくさんあるんです。やるぞと思ったらやる。そうしないと後悔すると思っています。書道もアートそういう考えから始めました。

楽しいこと、新しいこと、面白いことを。

私の家では「こんなことはおかしいよ」と言われたりすることは無かったんです。何でも自由に表現してよかった。

間違って恥をかくこともあるじゃないですか?そしたら父は「お前それウケたんか?笑ってもらえたのか?」と。そしたら私は「多分ウケた」って言ってました(笑)

面白いことをするなら、人に迷惑かけなければ間違っても何でもしていいと。学校の教育とは違いますけど、本当に自由に育てられました。

間違ったことをしてもいいじゃないですか?間違ってナンボだと。何でも上手くいったら面白くないじゃないですか。

だから、他人の目なんか気にせずどんどん新しいことをやったほうがいい。

いろんなことをしてもいいと許可してあげることをこれからはしていきたいなとも思っています。そういう自分の視野を広げることを糸島でどんどん広げていきたいと考えています。

正直誰も他人にはそんなに興味ないと思っています。まずはやってみる。失敗して笑われても、それは一過性のもの。

気にする必要はないし、失敗したとしても何度でもチャレンジすればいい。諦めずチャレンジし続けた人が、夢の実現なり、思い描いた景色を見られるのだと思います。

台湾では、チャレンジすることに意義がある国民性らしく、実際に台南と高雄の街を歩いて、とても自由にのびのびと、やりたいことに挑戦している人が多いと思いました。その気風がとても羨ましかったです。

そんなふうに、子どもから大人までたくさんの人が、どんどんチャレンジできるように糸島から私も頑張っていこうと思います。

【福岡県糸島市】特集の記事一覧はこちら

・新しい風を感じる町【福岡県糸島市】特集始めます。
・【福岡県糸島市】これからも地域に根付く面白い農業を|おき農園
・【福岡県糸島市】次の世代の糸島につながる恩送りを|アロマ工房香の宮
・【福岡県糸島市】この街を伝えていく石鹸を作る|暇楽-kalaku-
・【福岡県糸島市】自分が面白いと思えるものづくりを|贈り物家具・御幡 圭輔
・【福岡県糸島市】子どもたちが安心して食べる『つまんでご卵』を|緑の農園・早瀬憲一
・【福岡県糸島市】小さいときに感じたあの暮らしを求めて|kurumian・林田友香
・【福岡県糸島市】糸島の冬は牡蠣小屋で決まり!絶対行きたいおすすめの牡蠣小屋8選
・【福岡県糸島市】人気のインスタ映えスポット!話題のヤシの木ブランコに行ってきた。
・【福岡県糸島市】格安からリゾートまで!糸島観光で利用したいホテル&宿泊施設6選
・【福岡県糸島市】おしゃれカフェ激戦区?糸島で人気のカフェ10選
・【福岡県糸島市】糸島の四季を楽しもう!季節別・糸島観光スポット12選
・【福岡県糸島市】糸島でお土産を探すならココ!人気のお土産店&おすすめのお土産10選
・【福岡県糸島市】海の幸から山の幸まで。糸島市で訪れたいランチ12選