あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

糸島の海の近く。冬には牡蠣小屋で人が賑わう場所の近くで新しい挑戦をされている農家さんがいる。糸島市のおき農園さんだ。「海の近くで新しく直売所を作りたい。」その思いから、古くなったコンテナを改築して、現在新しい直売所をオープンされました。

資金もクラウドファンディングで調達した沖さん。取材した伊藤も実は少しだけお手伝いをさせていただきました。今回は、この地で新しいチャレンジをされる理由や、農業を始めたきっかけについてお話を伺ってきました。

『面白そう』から始めた農業。

–沖さんが農業を始めたきっかけを教えてください。

きっかけは高校の同級生3人と農業をしたいねと始めたのがきっかけでした。もともとは農業にがっつり興味があったというわけではなかったんですけど、なんか友達とやりたいねってノリで始めたんですよね。「雇われたくない」という気持ちも多少ありましたね。

農業をするまでは造園の仕事を26歳までしていました。大学時代から造園の仕事をして、そこから卒業してワーキングホリデーでニュージーランド行ったり、アジアを回ったりしました。まぁそんな感じです(笑)

出身は福岡市なんですけど、友達と話して農業をするなら糸島でしようと決めました。その友達は今でも糸島でイチゴ農家をしたり、珈琲屋をしたりしています。

もともと、糸島にいたわけではなかったので、土地が見つからなかったり、機械が無かったり、お金も人脈も無かったりと全て一からのスタートでした。特に土地を見つけるのは大変でしたね(笑)

今では50品目100種類ぐらいの野菜をいろいろ作っています。特に無農薬などのこだわりがあるというよりも、私の野菜でのこだわりは「おいしい食材を鮮度良く届ける」ということにこだわりを持っています。

作るだけでなく流通までスピードを持ってやりたい。これからは食材を絞っていきながらやっていけたらとも思います。

タイミングで直売所も始めた。

–直売所をしようと思われたきっかけを教えてください。

あれもたまたまです。結構行き当たりばったりな感じでやってるんですよね(笑)ひとりでやるときは「これやりたいな」ってすぐに思うタイプなんです。でも、今はできないけど人が関わったらできるようになることがあるんです。

今回もたまたまアグリ+という農業系の学生団体の子たちとつながって、タイミングも良く、「やろう!!」となったんですね。

–本当にタイミングが合ったんですね。

でも、毎回大体そんな感じですね。「これをしよう!」とか「あれをしたい!」とか思ったときに、そのタイミングで人と出会って、「頑張ってやっていこうか」という気持ちになるといいますか。

それまでは時間が無かったりとか色々やらない理由を見つけてしまうんですよね。本当にいいタイミングで人と出会えたのが大きいです。

この直売所を通して一番やりたいことは「人のために」ということです。今回の直売所をやれば地域のためとか大げさなことじゃないですけど、少しは誰かのためになると思うんですよね。実はこの地域で農業をやっている担い手は私しかいないんです。

だから、少しでも農業に興味をもってくれるような若い人が増えて、「いっしょにやりたい!」というような人が直売所を通して出てくるかもしれない。そうなるとうれしいですよね。

地元の人との関わりを大切に。

–糸島の町のよさについてどのように思われますか?

糸島のよさは「丁度良さ」だと思います。街からも近いし、海や山の自然も多いし。田舎なので不便をいいだしたらきりが無いと思います。でも、この不便さが大切なのかなとも。自分がもともと住んでいる場所にいたら、絶対出会えなかったであろう職人さんとかと出会えたりするわけです。

この街は、人が面白い。個性豊かな人がこの街には集まってる。やりたいこと優先といいますか。

自分が何かをしたいという時に、みんな手伝ってくれます。普段は各々やられてるんですけど、面白いことをやろう!というときに応援してくれるというのはありがたいですね。

最終的にはゲストハウスをしたい。

農業を始めたときから、最終的にはゲストハウスをしたいという思いがあります。ニュージーランドでバックパッカーしてて、ゲストハウスなどの安宿に泊まりながら、向こうの農場で働かせてもらっていたんです。そういうようなゲストハウスを作りたい。

この夢も直売所と同じです。本当に今だ!というタイミングが来たら、人が集まってやれるときがくると思います。まだ今では無いと考えていますけど、そのための準備もしていきたい。

実際、目の前のことを1つ1つしていくしかないと思うんですよね。結局、遠回りしているんですけど、後から振り返ればそれが良かったと思えるときが多いんです。

遠回りだからこそ出会いがあったり、経験をつめたりとか。焦る気持ちもありますけど、遠回りでもいいから目の前のことをひとつずつやっていきたいと思います。最終的にはこの糸島の地で面白いことをしつつ、地域に貢献のためにできるような農家になって行きたいと思います。

【福岡県糸島市】特集の記事一覧はこちら

・新しい風を感じる町【福岡県糸島市】特集始めます。
・【福岡県糸島市】これからも地域に根付く面白い農業を|おき農園
・【福岡県糸島市】次の世代の糸島につながる恩送りを|アロマ工房香の宮
・【福岡県糸島市】この街を伝えていく石鹸を作る|暇楽-kalaku-
・【福岡県糸島市】自分が面白いと思えるものづくりを|贈り物家具・御幡 圭輔
・【福岡県糸島市】子どもたちが安心して食べる『つまんでご卵』を|緑の農園・早瀬憲一
・【福岡県糸島市】小さいときに感じたあの暮らしを求めて|kurumian・林田友香
・【福岡県糸島市】糸島の冬は牡蠣小屋で決まり!絶対行きたいおすすめの牡蠣小屋8選
・【福岡県糸島市】人気のインスタ映えスポット!話題のヤシの木ブランコに行ってきた。
・【福岡県糸島市】格安からリゾートまで!糸島観光で利用したいホテル&宿泊施設6選
・【福岡県糸島市】おしゃれカフェ激戦区?糸島で人気のカフェ10選
・【福岡県糸島市】糸島の四季を楽しもう!季節別・糸島観光スポット12選
・【福岡県糸島市】糸島でお土産を探すならココ!人気のお土産店&おすすめのお土産10選
・【福岡県糸島市】海の幸から山の幸まで。糸島市で訪れたいランチ12選