あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

山口県下関市は、本州の最西端に位置する海峡都市

フグを始めとした海産物だけでなく、老舗の銘菓子なども有名で、見所満載の観光スポットです。

今回は、下関を訪れるなら知っておきたいポイントおすすめの下関土産をご紹介します。

ぜひ参考に、風光明媚な下関を堪能してくださいね。

絶対に知っておきたい、海峡都市「下関」の魅力

せっかく下関を訪れるなら、土地の魅力を存分に味わいたい!と思う方は多いのではないでしょうか。

そこで、絶対に知っておきたい下関の情報をご紹介します。下関に行く人は必見。ぜひ参考にしてくださいね。

⑴豊富な海の幸を堪能できる下関

下関市は、古くから海峡都市として発展してきただけあって、海の幸が豊富です。

関門海峡周辺で獲れるフグはもちろん、ウニアンコウなどの漁獲量も多いのが特徴です。

下関で海産物を堪能したい方は、ぜひ唐戸市場へ足を運んでみてくださいね。できたての絶品魚料理を存分に味わえること間違いなしです。

下関の海鮮料理を楽しむ方法として、有名なお店を巡るのもひとつの手です。

召し上がるメニューは、下関で獲れたフグやウニなどをふんだんに使った海鮮丼もがおすすめ。

ゆたかな海産物を見ていると、買いたくなるお土産も増えていってしまうかもしれませんね。

⑵下関は海産物以外にも絶品グルメが満載

海産物が有名な下関市ですが、それ以外にもおいしいグルメが揃っています。

たとえば茶そばを瓦の上で焼いた「瓦そば」や、歴史ある和菓子「外郎(ういろう)」などが下関名物の代表です。

瓦そばは、西南戦争の際に薩摩軍の兵士たちが瓦で焼いた肉や野菜を食べていた、という話を参考にして作られたもの。

そばを焼いているとお茶の香りが広がるのが魅力的です。

外郎は、おもてなしや挨拶のときに出す、「お使い物」として重宝されており、山口県に住む方にとってはなくてはならない存在です。

国内各地の外郎とは異なる、「おっとり」した味わいは、実際に食べてみる価値があります。

下関の名物料理やお菓子はぜひとも現地で手に入れたいものですが、通販でも入手可能なため、リサーチしてみましょう。

瓦そばや外郎もネットで簡単に購入できますよ。

⑶下関には巡りやすい観光名所も

下関の主要な観光スポット位置が集中しているため、観光しやすいのもうれしいポイントです。

たとえば王道観光スポットである唐戸市場市立しものせき水族館 海響館は、歩いて行けるほど近距離に立地しています。

市場へ行くならぜひ水族館にも立ち寄って、下関の魚やペンギンを見てみてくださいね。

これらの王道スポットはバスでのアクセスが便利です。事前に行きたいスポットへのアクセスを調べておきましょう。

潮風香る街で、密度の濃い時間を過ごしてくださいね。

このように、山口県最西部に位置する下関は観光地としての魅力がたくさん詰まっています。

存分に満喫するためにも、事前のリサーチをしっかりとしておきましょう。

下関のお土産の金額相場はどのくらい?

下関のお土産の金額相場は1,000~2,000円程度です。

お菓子やゼリーなど、複数人向けのお土産なら、このくらいの金額で下関オリジナルのお土産を手に入れることができます。

会社の上司などに贈るお土産として、お酒などの少し高級なものを選ぶ場合は5,000円程度を見積もるとよいでしょう。

山口で有名なお酒「獺祭」は種類によって非常に高価な商品もあるため、事前に下調べをしておくと安心ですね。

下関に行ったら必ず手に入れたい!人気のお土産おすすめ12選

海の幸をはじめとした、おいしい食べ物が揃っている下関市。

皆さんがよく知っているものから、あまり知られていないもののぜひ手に入れてほしいものまで紹介します。

ぜひ参考にして、魅力の詰まった下関を堪能してくださいね。

海峡本舗 ふぐ一夜干し

ふぐの一夜干しは、ふぐの本場・下関に行ったら必ず手に入れたい土産のひとつです。

醤油をつけて焼くと香ばしさが増し、食べる手が止まらなくなります。

身はふっくらとしていて、お酒のおつまみとしておすすめの商品です。お酒好きな友人や上司へのお土産にどうぞ。

ふくあぶり焼き

自宅で簡単に焼きフグをいただける、うれしいお土産がふくあぶり焼きです。

ほどよい塩加減のふぐは下関に行ったら必ず食べておきたいもの。

同じ味をほかの人にも知ってほしいという気持ちを込めて、下関自慢の焼きフグをお土産にしてみてはいかがでしょうか。

ふぐ煎餅(辛子マヨネーズ)

ふぐの風味と辛子マヨネーズの相性が抜群のふぐ煎餅は、下関の名物・ふぐを使ったお土産として必ず喜ばれます。

代表的な人気のお土産なので、職場などへのお土産にぴったりです。

小腹が空いたときのお菓子やお酒のおつまみには、こういったお土産があるとうれしいですね。

お徳用粒うに瓶詰め

お徳用粒うに瓶詰めは、下関で有名な海鮮、ウニをのまろやかな甘みを楽しめるお土産です。

粒ウニはご飯やパスタなど、万能のトッピングとしてさまざまな料理に使えます。

口いっぱいに広がる新鮮なウニの旨味を、海鮮の本場下関のお土産に贈ってみてはいかがでしょうか。

はまりすぎて他のトッピングでは物足りなくなる方もいるかもしれませんね。

垢田のトマトゼリー

下関産のブランドトマト「垢田トマト」は甘くて濃厚。これを使った、ぷるぷるでジューシーなトマトゼリーは、爽やかですっきりとした味わいです。

コク・甘さ・酸味のバランスが絶妙で、トマトが苦手な方もおいしくいただると好評です。

フルーティーで爽やかな味わいを楽しめるため、夏のお土産にいかがでしょうか。

ういろう

ぷるぷるの食感がたまらない外郎は、実は伝統のある和菓子です。

外郎が名物の場所は全国各地にありますが、山口県の外郎上品な甘さがあり、地元の人だけでなく全国の人から愛されています。

こだわり抜かれた食感と味わいの和菓子は喜ばれること間違いなし。山口県の名物として、ぜひとも口にしてほしいお土産のひとつです。

亀の甲煎餅

山口県を代表する銘菓として古くから愛されているせんべいが「亀の甲煎餅」です。

パリッとした歯ごたえと、とろけるような風味を兼ね備えています。

万年の縁に因んで亀をモチーフにしたお菓子は、ユニークでもあり、お土産としてぴったり。

36枚も入っているので、職場へのお土産にももってこいですね。

長州瓦そば

熱した瓦の上で茶そばと具をのせ、つゆにつけて食べる「瓦そば」は、下関の郷土料理として愛されています。

おいしい瓦そばを自宅で簡単に楽しめる商品として、人気のお土産でもあります。

麺のもちもち感と香ばしいお茶の香りは癖になってしまうかも。下関を訪れるなら必ず食べておきたい一品です。

ふくしょうゆ

下関の老舗醤油屋、大津屋の「ふくしょうゆ」は日本全国で愛用されているポン酢調味料です。

山口県産のだいだいを使い、名物のふくに合うようにブレンドされたふくしょうゆには、ふく料理のおいしさを自宅でも味わってほしいという願いがこめられています。

他のポン酢にはない、切れのある味が特徴で、1度使うとまたリピートしたくなること間違いありません。

山口県下関産ふく茶漬

下関の名産品として親しまれている、あっさりとした味わいが特徴のフグ茶漬け

他の場所ではあまり口にできない一品をお土産にいかがでしょうか。

下関ならではのオリジナルギフトとして喜ばれること間違いなしです。

うにパイ

磯の風味を感じる、ほんのり甘い「ウニパイ」は、ウニを混ぜたパイ生地とウニ入りの蜜を贅沢に練りこんであります。

しっとりした食感で、幅広い年代から人気のあるお菓子です。海の幸に恵まれた下関ならではのお土産として、ぜひお土産にどうぞ。

獺祭(だっさい) 純米大吟醸

日本酒ブームの牽引役として有名となり、「おいしい酒・楽しむ酒」を目指して作られている銘柄「獺祭」

23%という極限まで磨いた山田錦を使用し、蜂蜜のような甘さすっきりとした後味が特徴です。

毎日の生活を豊かにするひとつのエッセンスとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

あの街にしかないおすすめローカルギフト

 

終わりに

海の幸に恵まれた、魅力あふれる下関のお土産で、心に響くものは見つかりましたか?

今回ご紹介したおすすめの商品の他にも、下関には土地の魅力が詰まったお土産がたくさんあります。

この機会に下関でしか手に入れることのできない、素敵なお土産をぜひゲットしてくださいね。