あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

都市と自然の魅力をどちらも併せ持つ北海道・札幌市には、時計台や赤れんが庁舎などの観光地やさっぽろ雪まつりといったイベントが満載。

見どころだけでなく、老舗のお菓子屋さんや札幌発祥のメーカーなどの名店もたくさんあります。

今回は、札幌の名店で人気のおいしいお土産を、予算などの情報を交えて12選ご紹介していきます。

お土産選びで知っておきたい!札幌発祥の○○4選

札幌発祥(1) 数々のお菓子メーカー

札幌ではたくさんのお菓子メーカーが札幌市で創業しています。

人気のラング・ドシャ・クッキー「白い恋人」を生み出した「石屋製菓株式会社」

チョコレートの有名メーカー「ROYCE′」

行列のできる焼きチーズケーキタルト専門店「BAKE」の親元「きのとや」など、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

札幌発祥(2) スープカレー

名前の通り、スープ状のカレーにご飯をひたして食べる「スープカレー」は、札幌市の喫茶店「アジャンタ」で生まれた「薬膳カリィ」がルーツだとされています。。

発祥の地で、強いスパイスの味と香りを堪能してみませんか?

札幌発祥(3) 札幌ラーメン

北海道三大ラーメンのひとつ、札幌ラーメンも、その名のとおり札幌の地で生まれました。

札幌ラーメン=味噌ラーメンというイメージが強いと思いますが、昔からそうだったわけではありません。

もともとは塩ラーメンや醤油ラーメンが主流でしたが、「味の三平」というお店が出した味噌ラーメンが爆発的にヒットしたから、この図式が出来上がったそうです。

麺には太い縮れ麺を使い、炒めた野菜コーンバターが入っていることも大きな特徴です。

札幌発祥(4) サッポロビール

今では誰もが知っているサッポロビールは、1876年に開拓使によって「開拓使麦酒醸造所」が設立されたことから始まりました。

数々のビールを作り続け、1964年に「サッポロビール株式会社」に改名しています。

【札幌土産】予算の平均相場はいくら?

札幌土産のポイントをチェックしたら、次に気になるのが予算相場ではないでしょうか。

そこでここでは、今回ご紹介する札幌土産を中心に、必要な費用をお伝えします。

まず、札幌のお菓子600円台から1,900円台のものが多く見受けられました。

特産品であれば大体の価格は600円台から1,600円以内のものが多く見受けられました。

ただし、鮭ルイベ漬けは4,700円台。札幌土産の内容によっては、高価なものもあります。

【札幌の名店】おいしいお菓子や特産品などお土産12選

【札幌千秋庵】ノースマン

大正10年に創立し、手作りにこだわったお菓子作りをしてきた「札幌千秋庵」

そこで生まれた「ノースマン」は、北の大地で生きる人のたくましい力を表現しています。

北海道小豆の皮をむいて丁寧に作ったこし餡を、百層以上に折り重ねたパイ生地で包み、焼き上げて作られました。

口当たりが良く、上品な味わいが特徴です。かぼちゃ味やメロン味もありますよ。

【わかさいも本舗】わかさいも

「わかさいも」は、濃厚で甘く、ほくほくとしたお菓子ですが、実は芋を使ったお菓子ではありません

創業者、若狭函寿の「サツマイモが取れない土地で焼き芋を作りたい」という想いから開発されました。

大福豆を使うことでほくほく感を出し、白餡きざみ昆布を加えることで繊維感をプラス。

焼き芋の香ばしい香りを演出するために白餡の表面に卵醤油を塗って作られています。

【きのとや】札幌農学校 ミルククッキー

ミルク、小麦粉、バター全てに北海道産のものを使用した「札幌農学校 ミルククッキー」

素材本来の風味が引き立つように、丁寧に焼いて作られた北海道のおいしさが詰まったクッキーです。

食べてみると軽い食感で口当たりが良く、口の中で優しく溶けていきます。ふんわり広がるミルクの風味がたまりません。

【きのとや】北海道焼きチーズ

北海道スイーツコンテストでグランプリを受賞した「北海道焼きチーズ」

おいしくて有名な北海道チーズの中から、チェダーチーズ、ナチュラルチーズ、パルメザンチーズの3種類が選ばれました。

チーズをこんがりと焼き上げたことで生まれる香ばしさや、カリカリの食感がたまらないお菓子です。

【みれい菓】札幌カタラーナ

カタラーナは、スペインのカタルーニャ地方発祥のスイーツです。

卵、牛乳、生クリーム、砂糖、小麦粉などから作られた生地を冷蔵庫で冷やし、食べる前に砂糖をまぶしてガスバーナーであぶって食べます。

「みれい菓の札幌カタラーナ」北海道産の生クリームと、最高級のマダガスカル産バニラビーンズを使用して作られました。

なめらかなアイスプリンの甘さとカラメルのほろ苦さは相性抜群です。

【YOSHIMI】札幌おかきOh! 焼きとうきび

札幌市、大通公園の夏の風物詩「とうきびワゴン」。

そこで売られる焼きとうきびの味を再現したい、という想いから「札幌おかきOh! 焼きとうきび」は生まれました。

国産の餅米をベースにしたおかきに、とうもろこしをたっぷりと練り込み、醤油の香ばしい味が引き立つように仕上げられています。

サクサクの食感と、コーンの自然な甘味が豊かなおかきです。

【ソラチ】札幌スープカレーのもと

5種類の出汁16種類の香辛料を使用し、スパイシーに仕上げられた「ソラチのスープカレー」

ピーマンやじゃがいも、チキンなど好きな材料を別々に調理し、スープカレーと合わせて食べるのが一般的です。

作り方のポイントは、野菜を切るときに大きめに切ること。ごろごろとした食感を楽しむことができますよ。

【松尾ジンギスカン】ジンギスカン

「ジンギスカン」とは、羊肉をジンギスカン鍋などで焼いて食べる北海道の郷土料理です。

「松尾ジンギスカン」は、りんごや玉ねぎを中心に作った秘伝のタレでしっかりと味付けされて作られました。

マトンやラム肉などさまざまな種類がありますが、今回紹介するのはくせが少なく柔らかい赤身が特徴の特上ラム肉

北海道で愛され続ける味をご家庭で簡単に楽しむことができます。

【佐藤水産】鮭ルイベ漬け

お刺身用に凍らせた生鮭「ルイベ」は北海道ではお馴染みの食べ物。

「佐藤水産」の「鮭ルイベ漬け」は、ルイベにいくらを加え、醤油で味付けして作られています。

鮭のとろける食感といくらのぷちぷち感は相性抜群。ぎゅっと凝縮された旨味が、食欲をそそります。

【さっぽろ朝市 高水】鮭とばスティック

「鮭とば」とは、干した鮭のこと。冷蔵庫のない大昔に、重要なたんぱく源の鮭を保存するために作られました。

こちらは、食べやすい大きさにカットされたスティック状の鮭とば

そのままかじりついて食べてもよいですが、炙って食べると鮭の風味が感じられるようになりますよ。

【えびそば 一幻】えびみそ

えびの味わいが楽しめるラーメンとして人気の「えびそば一幻」

甘エビを煮込んだスープや、えび風味の天カスなど、とにかくえびにこだわったラーメン作りをしています。

中でも「えびみそ」は、味噌味とえびがブレンドされた札幌らしいラーメンのお土産です。

甘さとコクが味わえるラーメンをぜひ食べてみてください。

【サッポロビール】サッポロクラシック

「サッポロクラシック」はお土産にピッタリな北海道限定のビールです。

麦芽100%、ホップの名品「ファインアロマホップ」100%を使用し、材料にこだわって作られています。

すっきり爽やかなのどごしはどんな料理にもピッタリ。北海道のおいしい料理とセットでお土産にすると喜ばれますよ。

あの街にしかないおすすめローカルギフト

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は札幌で生まれたおいしいお菓子や特産品を、お店とともに紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

札幌に行った際は、参考にしていただけたら幸いです。ぜひ札幌グルメを楽しんでくださいね!