あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

あの街にしかない
オンリーワンギフトを贈ろう

海が綺麗で自然も豊かな糸島には、フォトジェニックな場所がたくさんあります。その中でも今話題なのが、まるで南国にいるような気分になれるヤシの木ブランコ。今回はその場所に行ってみた感想、アクセスの仕方、糸島の他のインスタ映えスポットなどについてご紹介します。

1.ヤシの木ブランコってどこにあるの?

ヤシの木ブランコがあるのは、魚介類中心の料理屋「ざうお本店」の海岸です。糸島、と言われることが多いですが、実は福岡県福岡市西区の小田という場所に位置しています。〝ほぼ糸島”ですね。福岡市の中心部、天神や博多からは車で40分、公共交通機関を使って50分程度で着きます。

2.アクセスの仕方は?

公共交通機関で

ざうお前バス停

JR九大学研都市駅まで電車で行き、駅の北側から出ている西の浦線の昭和バスに乗って行きましょう。分かりやすく「ざうお本店前」というバス停名になっているので、そこで降ります。「海釣り公園前」の次のバス停で、所要時間は大体25分間です。

自家用車で

「ざうお本店前 バス停」の画像検索結果

県道54号線に入り、ひたすら海沿いを進んでいくとヤシの木ブランコと一緒に大きなお店が見えてきます。福岡方面から来る方は手前にある、海釣り公園を目印にしても良いかもしれません。

駐車場は、「ざうお本店」でご飯を食べる場合は無料で使えますが、ブランコや海岸に用事があって使う時は1000円かかってしまいます。「1000円も使いたくない」という方がいれば、1日300円で利用できる海釣り公園の駐車場を使っても良いかもしれません。少し歩くことになりますが、そちらは車が300台停まれる大きな駐車場なので、利用しやすいと思います。

3.ヤシの木ブランコに乗ってみた!

二本のヤシの木が、良い感じに海側に倒れていた事を利用して作られたというヤシの木ブランコ。私もそのブランコに乗ってきました。砂浜へ降りていくと、ブランコ待ちの列ができていて、若い女性や子供連れの家族が多い印象。

座ってみると、椅子が横に広めで、二人でも余裕で入れるスペースがあります。座ってちょっと写真を撮るのにも良いし、童心に戻って海へ大きく漕ぎ出しても楽しいし、それから海から上がってブランコで立ち漕ぎしている人なんかもいました。ヤシの木のブランコだけど、そんなに不安定でもなく、安心して楽しめます。

4.インスタ映えの為の注意点

今回私は、日曜日にヤシの木ブランコに行きましたが、海水浴客、バーベキュー客がかなり多く、砂浜がすごく賑わっていました。静かな雰囲気の、ムードのある写真が撮りたい方は、平日に行かれた方が良いでしょう。また、お店側から撮ってもらうと少し逆光気味だったので海の方へ漕いでいるところを撮ってもらった方が良いかもしれません。

5.ヤシの木ブランコで遊んだあとは是非「ざうお本店」へ

夏はバーベキューとビーチ、冬は牡蠣小屋で賑わう「ざうお本店」。普段の営業も、人気の豪華海鮮料理で賑わっています。新鮮なお刺身やふっくらと揚がった天ぷらがウリのお店で、定食だと全国漁獲量一位を誇る鯛の茶漬け定食や、この地区のものをふんだんに使った数量限定の北崎定食などが人気です。

私は寿司定食を頼みましたが、お寿司、天ぷら、味噌汁、茶碗蒸し、小鉢などがついて1580円でした。

食事処は、「ざうお本店」の二階にあり、120人まで入れる大広間があるなど、個室も充実しており、通された席は大きな窓から海が見える席でとても素敵な印象でした。団体客もかなり利用されているようで、この日は法事客が多く、予約をしてなかった私達は2時間ほど待つことになりました。かなり人気のお店なので予約は必須のようです。

6.糸島の他のインスタ映えスポットは?

ヤシの木ブランコだけじゃなく、他にもフォトジェニックな場所がたくさんある糸島。どうせなら少し足を運んでそこにも行ってみましょう。

天使の羽

「ざうお本店」から車で約10分の場所に「天使の羽」はあります。「天使の羽」と言ってもなんのことだか分からないと思うので説明すると、壁に描かれた色とりどりの一対の羽の壁画のことです。壁に寄り添って立ち、まるで自分の背中から羽が生えているように写真を撮るのが、今インスタ映えを狙った若い世代の間で人気なようです。

この天使の羽は、海岸に面した複合商業施設「パームビーチ」にあります。パームビーチにはカフェやレストラン、雑貨などのショップが入っているのでここでも十分楽しめますよ。また、写真を撮るのには逆光などの光の関係から午後に行くのが良いらしいです。是非からっと晴れた日にフォトジェニックな写真を撮りに行きましょう。

ロンドンバスカフェ

冨田さんとあいちゃんと·˖✶ #糸島 #ロンドンバスカフェ #カフェ #ジェラート #海水浴場

KORNさん(@nseabafu)がシェアした投稿 –

「ざうお本店」から車で15分ほど走ると、海が見える砂浜に、2階建ての赤いバスが見えます。ロンドンバスカフェは、思わず立ち寄りたくなっちゃうようなカラフルで可愛らしい外観のカフェ。実はこれ、実際に昔イギリスを走っていたバスを利用したものなんだそうです。

ここで食べられるのは佐世保の山中牧場の牛乳を使用した無添加無着色のジェラート。たくさんのメニューがあり、シングルとダブルの値段も30円しか変わらないので、ダブルの方がおすすめです。

2色のデザートでもインスタ映えを狙っちゃいましょう。ロンドンバスカフェの外観を撮るときは、青い空と青い海まで写真に収めて撮ると赤い色が映えて綺麗に映ります。また、バスの手前にあるカラフルなベンチに座って撮ってもらうのも良いでしょう。ロンドンバスカフェは2階の店内に上がることもできるので、その中で写真を撮るのも非日常間を感じられるので、おすすめです。

いかがだったでしょうか。今回紹介したように、糸島にはオシャレなインスタ映えスポットが多め。若者からの強い人気にも頷けます。楽しい思い出の一つとして、親しい人と撮ったフォトジェニックな写真を是非お土産にしてくださいね。

【福岡県糸島市】特集の記事一覧はこちら

・新しい風を感じる町【福岡県糸島市】特集始めます。
・【福岡県糸島市】これからも地域に根付く面白い農業を|おき農園
・【福岡県糸島市】次の世代の糸島につながる恩送りを|アロマ工房香の宮
・【福岡県糸島市】この街を伝えていく石鹸を作る|暇楽-kalaku-
・【福岡県糸島市】自分が面白いと思えるものづくりを|贈り物家具・御幡 圭輔
・【福岡県糸島市】子どもたちが安心して食べる『つまんでご卵』を|緑の農園・早瀬憲一
・【福岡県糸島市】小さいときに感じたあの暮らしを求めて|kurumian・林田友香
・【福岡県糸島市】糸島の冬は牡蠣小屋で決まり!絶対行きたいおすすめの牡蠣小屋8選
・【福岡県糸島市】人気のインスタ映えスポット!話題のヤシの木ブランコに行ってきた。
・【福岡県糸島市】格安からリゾートまで!糸島観光で利用したいホテル&宿泊施設6選
・【福岡県糸島市】おしゃれカフェ激戦区?糸島で人気のカフェ10選
・【福岡県糸島市】糸島の四季を楽しもう!季節別・糸島観光スポット12選
・【福岡県糸島市】糸島でお土産を探すならココ!人気のお土産店&おすすめのお土産10選
・【福岡県糸島市】海の幸から山の幸まで。糸島市で訪れたいランチ12選